附締太鼓

存在感のある
    音色の高い太鼓

 古くは猿楽能の囃子に用いたことから猿楽太鼓とも呼ばれた。胴は欅(けやき)、松などを円筒状にくりぬいたもの。鉄製のボルトで革面の張り具合を調節する。

 斜め台に乗せて立って打つ、座り台を使って正座で打つ、あぐらをかいて打つ等、双方は様々。

 種類は並附から五丁掛まであり、子供用には二、三丁掛が良いとされる。

image6
image3 - コピー
締
image2
DSC00865

各商品の価格のお問合せは

メール又は電話にてお待ちしております。